11.jpgWHAT CECAP IS

Comprehensive Evaluation Center of Assistive Products (CECAP) is an organization which aims to evaluate assistive products (or assistive technologies) ensuring safety and usability in a comprehensive manner. We have three modes of evaluation.
1. Clinical evaluation
It is done by experts such as Physical Therapist, Occupational Therapist, Professional advisor in welfare policy, Experienced Engineer for assistive products, Rehabilitation Engineer, and User of assistive products having rich opinions in them.
2. Monitoring evaluation
It is the evaluation according to a trial use of assistive products by persons who really need the products.
3. Engineering evaluation
It is the evaluation based on the engineering tests.

22.jpgHOW CECAP IS AUTHORIZED

CECAP is one of six authenticated evaluation agencies approved by the Association for Technical Aids (ATA) established by the Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) to perform "Authorized Clinical Evaluation of Assistive Products (ACEAP)” which is currently its major activity. Different from 4 agencies out of 5 others, it is a private organization that can offer evaluation programs according to user requirements within third party norms.

HOW CECAP WAS DEVELOPED

CECAP was established in 2009 as an authorized agency for MHLW as mentioned above from the beginning. It has been collaborated with relevant organizations such as Association of Occupational Therapist, Physical Therapy association, the Group of Handicapped Persons, and various other groups including Oyama National College of Technology, which is famous for its ability in Robocon(http://robocon.org/).

kajyuutest.jpg●完成用部品の工学試験を実施しました

某社開発中の、継手付きプラスティック短下肢装具の工学試験を実施しました。
試験内容は、
静的荷重試験 (負荷後のガタの測定含む)

小山高専の協力のもと、関連JIS規格に基ずく合格条件を満たすことを確認いたしました。
試験により示唆された改善点も含み、試験結果を無事報告することができました。
開発品の実用化にむけて、その一部に協力できたことと考えます。

開発中の完成用部品の工学試験やフィールドテストなど、当社にてお受けできます。お気兼ねなく、お問い合わせください。

詳細はこちらをクリック


● 完成用部品の、工学試験認定基準を掲載しました。


事業案内のページ内に、完成用部品の工学認定基準を掲載しております。
ご参考にしてください。

LinkIcon工学試験認定基準

● あしぎん経済月報10月号
 ”医療・介護とロボット産業について”の記事に、
 福祉用具評価センター田中繁社長の以下のコメントが
 掲載されました。


「介護福祉用具はシステム全体として機能することが必要だ。
 その一部をロボットが代替することがあっても
 全てをロボットという訳にはいかない。
 ロボットにさせることとさせてはいけないことを
 よく考えるべきだ。」

LinkIconあしぎん経済月報 (コメント掲載ページはP15)

LINKS

bnr_normlz.gif

bnr_techno.gif
テクノ.jpg
header_logo_mhlw.png
厚生労働省.jpg
logo.jpg
経済産業省.jpg

logo_jaspa.jpg

s-top-jaspec.jpg

sub_title.jpg

小山高専.jpg

福祉大学.jpg国際医療福祉大学大学院  福祉工学分野 福祉用具管理指導者 領域説明会のお知らせ